新着情報

新着情報

イタリア大好き「2015年サルバトーレ通信」vol.41

お知らせ2016年2月8日

Ajillo!






最近、巷で流行ってるたこ焼き器のアヒージョやってみました。


先日、ホームパーティの話をしてる時に、

最近はたこ焼き器アヒージョがブームだと

夏目ちゃんと言う女の子が色々と教えてくれて、

なんとアヒージョの本までプレゼントしてくれました。


その本がこちら。ズバリそのままajillo!



色々と教えてくれた時の注意事項を思い出しつつ、

今回は実際にたこ焼き器でアヒージョ作りにチャレンジ!



油がかなり跳ねるので、下に何か敷かないと後片付けが大変…

と言う事で、広範囲にビニールを敷いてスタートです。



オイルとにんにく、唐辛子だけの簡単なベースに

好きな食材を入れる、とってもシンプルで楽しい料理です。



とりあえず弊社の取扱商品で作ってみようと思い、

最初は、イイダコ、やりいか(共に内蔵は処理済み)、貝柱(小柱)


次に桜エビ、大黒本しめじ、ベーコン



レンジでチンしたジャガイモ、キャベツ、ブロッコリー、と

何でも出来ますし合わない食材は少ないと思います。

(お野菜の写真は見た目もイマイチだったので省略します…)


今回は時間短縮の為、あらかじめ別の鍋で

ちょっと厚めにスライスしたにんにく、4分の1にカットした鷹の爪を

オリーブオイルに入れて火を通して仕上げた状態にしておいて

たこ焼き器に食材を入れて火が通ったら

すぐに食べられるようにしました。



頂いた本の中で、アヒージョの事をいっぱい勉強しました。

(al)ajillo (アル)アヒージョとは

アヒージョは、アホ(ajjoにんにく)を語源とする言葉です。

al ajillo(アル・アヒージョ アヒージョ風味)と言うと、

材料をにんにく(+とうがらし)入りオリーブオイルとで煮た料理を指します。

料理の名称としては、

「gambas al ajillo (ガンバス・アル・アヒージョ えびのアヒージョ風味)」

と言うような形が正しい形となります。



素材のままではちょっと味が物足りないので、

塩をちょこっと振るのがポイントだと思います。


今回のアヒージョ、人気トップ3は

桜エビ、 次に大黒本しめじ、 そしてベーコンでした。



大阪では必ず一家に1台タコ焼き器があるはずです。

皆さんも、何かの機会に是非!




もう一つ冬の家庭料理の定番 pot-au-feu(ポトフ)

最近よくテレビでも出てる、「リアル『下町ロケット』の鍋」

(バーミキュラと言う鍋です)を使って





食べる時はたっぷりと粒マスタードを載せて!

今回は、キスコのビーフコンソメを100cc入れて加熱し、

後で水300ccを継ぎ足して入れたんですが

改めてビックリしたのが、野菜の持ってる甘みです。

あまりに甘いので塩で味をととのえましたが、

赤ちゃんの居るご家庭では、離乳食でもいけるでしょ!


この鍋の分量で、6人で完食 ‼


今回はイタリア成分はゼロでしたが、

美味しいモノ好きサルバトーレとしては大満足でした!!