新着情報

新着情報

イタリア大好き「2015年サルバトーレ通信」vol.32

お知らせ2015年7月24日

リゾットって



実はワタクシ、また近々ミラノに行くんです。

ミラノと言ったらリゾット・アッラ・ミラネーゼ


昨年、イタリアで一番注目されているレストランのひとつ 

オステリア・デル・フランチェスカーナへいっちゃいました。

そこで出たリゾット (Risotto north and southとメニューに書いてました)


ほんと美味しくてビックリしました。





ミラノ滞在の夜、ナヴィリオ地区で

古代ローマ時代洗濯場だった所にある

レストラン(エルブレリン)でもリゾットを。

リゾット・アッラ・ミラネーゼ(上に乗ってるのは髄液)

ミラノのナヴィリオ地区、色々とおもしろいんで

是非ミラノ観光の際は覗いてみてください。



お米は、アジアからアラブを通じて広まり、トルコではピラフ、

スペインではパエリア、オジャ(日本に入ってオジヤと言う俗説もあり)

そしてイタリアではリゾットと、昔から使われています。

リゾットの語源は、『リーゾ・オッティモ(最高の米料理)』

という説があるほど、ヨーロッパ各国でも米の歴史があります。

日本のお米の歴史は勉強不足で詳しくありませんが、

美味しいと感じるのは日本のお米です。


今回はグアンチャーレとパルミジャーノでリゾット作りに挑戦


グアンチャーレの皮の部分を取り除きお米と一緒に炒めます。

グアンチャーレから出る脂で足りなかったら、オリーブオイルを

少し足して(今回のお米は、リーゾ・カルナローリ)

水をたっぷり入れ(1/3まで減った所で仕上りと言う計算をして)

(途中で水を加えるのは厳禁ですので気を付けて)

魔法の粉(ブロード・ディ・ポッロ)をひとつまみ

あとはゆっくり煮込むだけ!水分が1/3(15分ぐらい)になったところで

火を止め落ち着いたら、パルミジャーノをたっぷりと混ぜて出来上がり!

グアンチャーレとパルミジャーノ・レッジャーノ両方の塩分があるので

味付けは気を付けて(いつもより薄めで!)

グアンチャーレの脂部分は、最高の脂だと

知り合いのローマっ子が言ってました。


いかがですか‼


弊社の扱ってるイタリア米も『リーゾ・カルナローリ』『ヴィアローネ・ナノ米』

『リーゾ・イラボン(アルボリオタイプ)』とアイテムも取り揃えております。

手軽に簡単なクイックリゾット160g冷凍商品もあります。


商品詳細は、読み応え十分な弊社カタログで!

営業マンに言ってもらえたらすぐにお持ちします



P.S.


絶賛発売中の人気専門誌『専門料理』8月号の特集ページ

今、注目のフランス産食品&飲料 ページにて

弊社の輸入している

BBCポークBBCプーレフランス産フレッシュ バエリ キャビア

ビオ マスの卵(オーガニックな餌だけで育てたフレンチ トラウトの卵) の

4点が紹介されてます!

私が熱意を込めて担当者さんに話した商品説明が文章として

うまくまとめられて掲載されています!!嬉しい!!!!