新着情報

新着情報

イタリア大好き「サルバトーレ通信・トマトホールが残ってしまったら」vol.12

お知らせ2014年6月26日

トマトホールが残ってしまったら

家でトマトホール缶を開封すると必ず残ってしまいます。


表面からカビが出てくるとそのまま破棄してしまいませんか?


今回は、(も)イタリアの南プーリア地方で教わったお話です。


トマトを収穫するときは、親戚中が集まります。


女性は大きな釜でトマトを湯剥きし“パッサータ”を作ります。


空き瓶に“パッサータ”を詰め湯煎しながら煮沸消毒します。

(じゃがいもを鍋の中に入れじゃがいもに火が通ったら完成)


そのまま蓋をして、冷水で冷やすと瓶の中は、真空状態になります。


「これで約1年間は大丈夫!!」と各家庭が瓶に詰めて帰るそうです。


この現地での話を聞いてから私はトマトホール缶を開けるときは必ず収穫祭です。



個人的な好みは「イルタヴォリエーレ トマトホール」

余ったトマトホールを手で揉み潰し火にかけます。

消毒された瓶にトマトを詰め煮沸消毒 ※じゃがいもが決め手


最後は水で冷やして出来上がり(しっかり冷やさないといけません!!)


これで自家製“パッサータ”の出来上がり!!いつでもトマトのパスタが楽しめます!!


さらに自家製“水牛モッツアレラに挑戦してみました!!


冷凍のモッツレラカードを解凍して細かく砕きます。

熱湯を注ぎ

シッカリ混ぜます


湯切りをしカードの形を整え、ちぎりながら丸く冷水で微熱を取ります。

これで出来上がり!!

気分は真夏!!