新着情報

新着情報

イタリア大好き「サルバトーレ通信」vol.9

お知らせ2014年5月10日

5月といったらペコリーノ

ペコリーノのカルボナーラ

5月といったらペコリーノ、生食用のファーベ(そら豆)と一緒にワインで楽しむのがロマニスタ。

私自身も必ず冷蔵庫には入れておく必需品です。

今回は、素人ならではのカルボナーラ

まずスパゲッティは、ちょっと太めの存在感のあるディマルティーノのベルミッチェリ

ゆで時間10分って書いてあるけど、これってイタリア時間なので、12~13分ぐらい

フライパンにはパンチェッタを短冊に切り、ゆっくり油を絞りだすよう弱火でいため


ゆで汁をたしてスパゲッティを待ちます。


ゆで上がったらフライパンに入れよくかき混ぜ、皿に盛ります。

卵黄だけ取り、スパゲッティの上に



そのままペコリーノチーズをたっっぷりかけよくかき混ぜます




仕上げはブラックペッパーをかければ出来上がり味付けってないんです。コレ!


さらにもう一つ カチョエぺぺ


ブラックペッパーをオリーブオイルで熱し、香りを立たせ、

ゆで汁を入れ落ち着かせる。ペコリーノを入れ溶かす。


スパゲッティを入れよく混ぜ、皿に移します。


仕上げにペコリーノを上からさらに削る。


ブラックペッパーをミルで挽く。


ここまで演出すると、女性も・・・?


MOLT BUONO!!


写真は、ペコリーノロマーノ、ディマルティーノベルミッチェリ


余談ですが、ローマ『トレビの泉』の向かいの雑貨屋でディマルティーノが売ってました。


~チーズでもうひとつ ブラータとの出会い~


2年前イタリア人がブラータなるものが、手に入ったので家に招待してくれました。


モッツァレラチーズと同じようなもの?と言う浅さかな知識の中で、大きなブラータに


ナイフを入れると、中からミルクのような液体とともにストラッチャテッラ(ボロ布?)という


モッツァレラチーズを編んだようなものが入っており、塩とブラックペッパー、


プーリア産オリーブオイルEXVで上品にナイフ&フォークで食べました。


OTTIMO!!


ホントびっくりで、むちゃくちゃ美味しい。


モッツァレラチーズはカンパーニャー地方で、ブラータはプーリア地方。


こんなに美味しいのに、知らなかったのが、まだまだ勉強不足。と感じた瞬間でした。


トマト系スパゲッティの上にのせてもいいですし、


ブラータ(ブラティーナ) ブレイクの予感!!


最近、お店でも前菜、チーズなどにメニューで見かけますが、フレッシュなので扱いがちょっと


大変と思っていた矢先、モンテ物産より冷凍での入荷がありました.。




200g一人で食べるのはちょっと大変でしたが、最後の一滴まで飲んじゃいました!

BUONISSIMO!!