新着情報

新着情報

イタリア大好き「2015年サルバトーレ通信」vol.34

お知らせ2015年8月26日

とうもろこしとアレコレ



今日は とうもろこしのスパゲティと

  もう一つ食欲増進?冷蔵庫の中にあるものだけで

    アラケッカと呼んでいいのか?プッタネスカ ローマ風



先日、新鮮なとうもろこしを頂きました。

蒸すのも焼くのも、少し手間がかかるので
ここは
包丁で削いでスパゲティの具材にしましょう ‼


名付けて

アーリオオーリオエペペロンチーノ とうもろこし

(とうもろこしのペペロンチーノ)


調理も簡単で、それでいて夏を感じられそう!

アーリオオーリオエペペロンチーノを作った所に

とうもろこしを入れ、茹で汁を少量加え

茹で上がったスパゲティを入れて混ぜるだけ!


これは、いけます


心なしか写真もすっごくオシャレに撮影できました!


魚を焼く網で、とうもろこし表面にちょっと焦げ目を付けるのも有りかな


もっと工夫をするとすれば、

最後にコラトゥーラをスプレーの容器に入れ

2回程振り掛けると、もうそこは

(コラトゥーラは塩分が非常に強く、そのままにしておくと

塩分が結晶化してスプレーの口が詰まってしまうので

使い終わったらよく洗っておく事が肝心です)


コラトゥーラとは

正式名称はコラトゥーラ・ディ・アリーチと言い、

直訳すると「カタクチイワシの濾過液」

大別すると魚醤の一種になります。

ちょっと塩気が強いので、今回のように

スプレーボトルに入れて噴霧する使い方がおススメ。

鮮烈な海の香りがします。



もう一つ、これをアラケッカと呼んでいいのか分かりませんが、

冷蔵庫に入ってる物だけで作る簡単なパスタ

プッタネスカ ローマ風


食欲のない時、給料日前のピンチの時、困った時のおススメです。

にんにく、アンチョビ、ケッパー、オリーブ、

(フレッシュがなかったので)ドライトマトも入れて、

好きなパスタと合わせるだけの簡単に出来る料理

語源はプッターナ(娼婦)から来ていると言う説が一番有名ですね。


今回のお勧め食材は、グリーンオリーブ(リュック種)

最近、弊社が輸入したオリーブで、ハマってしまって

個人的にほんとよく使いますが

テーブルオリーブとしても美味しいし、

パスタに入れてみるとその良さがハッキリ分かります。

種と実の離れ方がすごく良く、食べ終わった後、

お皿に残る種がキレイです。まるで米菓の「柿の種」…(きれいな三日月)

種が三日月型なので『三日月型のオリーブの女王』と呼ばれてます。

女王と呼ばれるだけに、ワタクシこのオリーブに恋をしてしまったみたいです…。



今回も麺は弊社の生スパゲティ、お湯を沸かしてから

5分もあれば簡単に調理が出来る逸品です。

食べるの3分、洗い物してトータル約10分!

出来る男は料理も食事も早いんです!



ドライトマトではキレイに作れなかったので、後日作り直し

トマトを加えて赤みの増した、これぞプッタネスカと言う写真が撮れました!


こうして見直してみたら全然アラケッカではないですね…


アラケッカ(アッラケッカ)とは

生のトマトをザク切りにし、

バジリコとオリーブオイルで簡単に味をつけ

そこにアツアツのパスタを投入し絡めたパスタ料理の事

シンプルながら、これぞイタリアと言う感じがする料理です。

家でも簡単に出来るので皆さんも是非!