新着情報

新着情報

イタリア大好き「2015年サルバトーレ通信」 Vol.27

お知らせ2015年4月17日

新年度を迎えて

新年度を迎えて、さぁガンバローって気合をいれていると
もうゴールデンウィークの事を考えなアカンように
毎日高速を走っているみたいに、1日が過ぎていってしまうのは、
齢のせいでしょうか?

今回は、初心に帰って『アーリオオーリオ エ ペペロンチーノ』を作ります。

ポイントは3つ、
にんにく・唐辛子を焦がさない事、
唐辛子の香りを引き出す事、
ゆで汁の塩分をしっかりつける事です。

フライパンに、にんにくと少し多めのオリーブオイルを入れ
弱火でゆっくりにんにくの香りが立つまで我慢します。
香りが立ったら火を止め唐辛子を入れ余熱で唐辛子の香りを引き出します。
(よーく見てると、唐辛子から赤色のエキスが出てくるような感じです)
この作業中はいつもフライパンは斜めにしてます。
(ちょっとこの感覚が、プロみたい)



唐辛子の香りがしっかり出たら火をつけて温度を上げます。
スパゲティの茹で上がりのタイミングを見ながら
イタリアンパセリ投入(温度を下げるのと、香りがほしいので)


最近、よくしてるんですが、イタリアンパセリを冷凍するのって
色も変わらないし、香りもしっかり出て茎の部分まで使える、
まさに最初から冷凍するべき素材?

古代ローマ人の考えでは、パセリには食中毒の
予防をする働きがあったとか、毒素を消す働きがあるとか…
イタリアで、妊婦さんのスパゲティはパセリを抜いて
出す場面を見て、日本に帰ったらコレしようと思い出しました。





話を戻して、
茹で汁を入れ乳化させながらスパゲティを入れ
しっかり茹で汁を麺に吸い込ませ汁を蒸発させたら出来上がり!



ここで、今回の商品紹介



ファリノーロ スパゲティ No.2(1.45㎜)
3kg入り

リニューアルしたファリノーロですが、一段と使いやすくなりました。
ボイル時間も30秒程早く上がりアルデンテもしっかりもち、
ランチタイムにもしっかり対応できると思います。



ペペロンチーノ インテーロ
150g









先週おいしそうな春キャベツが特価で出てたので
早速、ムール貝と合わせて
春キャベツとムール貝のスパゲティを作りました。

冷凍のムール貝色々と出回っていますがお勧めは弊社のカナダ産
まず、殻がしっかりしているので料理の最中殻が割れずらいこと
身が大きく、下処理してからの過熱処理のため、そのままだし汁も使える事
冷凍のままフライパンに投入できる事です

ムール貝のだし汁と噂のアンチョビペーストで
春キャベツの甘さと艶やかさが出ます。



噂のアンチョビペースト





カナダ産ムール貝2LB






次は、魚を使ってみたいと思っています。