新着情報

新着情報

イタリア大好き「サルバトーレ通信・・・イタリアに帰る」vol.23

お知らせ2014年12月1日

サルバトーレ イタリアに帰る

旅行の楽しみ方って個人的には3つあります。

1つは、行くまでの計画(行き先に何がある?歴史は?食べ物は?)

2つは、最中にどう楽しむか?(しんどくからや~めたは、厳禁)

3つは、帰国後どのように伝えるか?現地で感じたこと、触れ合ったことなどです。

私の会社には、海外研修を社員に積極的に取り組んでます。

通常旅行の工程は、決まっているのですが、その中で自身で勉強して

自分なりのエンジョイできる方法を見つける。今回は、私なりの楽しみかたをご紹介します。

まずはプーリア州。

昔カルタゴから象に乗ってローマ帝国に侵略しようとしたハンニバルが

スペイン経由のアルプス超えでイタリアに入り、5年間潜んでいた土地。

ちなみにハンニバルという将軍、アレクサンダー大王ジュリアスシーザーと

3人の名将としても有名です。

子供がいたずらしていると、お母さんが「ハンニバルが象に乗ってやってくるよ!」と

怖がらすようです。

プーリア州ターラント。

ローマからギリシャ方面の海路の出発点で、紀元前2世紀の頃からローマ

からのアッピア街道の終着点でもあります。

エミリアロマーニャ州

ポー川のエリアはパルミジャーノレッジャーノ、モデナ、レッジョエミリアはバルサミコ、

もちろんパルマのプロシュートなど食材の宝庫です。

特にパルマ、プロシュートを熟成させるうえで適した気候。

最後の工場の窓を全て開けて、パルマの風を当てる姿は迫力満点です。

カエサルが残した言葉の一つ『ルピコン越え』ルピコン川を

軍隊を率いてイタリアに入ってはいけないという

法を破って越え、その後ローマ帝国を磐石にした

行動決断したらそのまま最後までやり遂げる事。

エミリア・ロマーニャも見所満載です。

最後はローマ(ラツィオ州)

ROMA逆から読むとAMORE(アモーレ=愛)です。

わたし的にはローマには、愛を求めて逆ルートの最後に入る!!

やっぱこれでしょ!!

街を歩くだけで感動する風景が満載です。

『ローマ松の高さ』

『いたる所に存在する噴水と水飲み場』

『2,000年前の建築物』

すべての中心がローマであったことがよくわかります。

パンティオンという建物は、八百万の神を集め中心に立つと


全ての神が自分を見てくれるというパワーを頂きに覗きたいと思います。

以上がイタリア帰国報告です。


また、お会いしましょう!!