新着情報

新着情報

イタリア大好き「サルバトーレ」 フランスに行く!

お知らせ2014年4月30日

4月13日から20日までフランスに行ってきました。

パリ出発で、リヨンからナントへ

リヨンの旧市街地とローマ遺跡跡

ローマ帝国より軍団基地として栄えた街並み ~ん。まさしくイタリア

ナントからビアリッツという街へ

フランスの西側スペイン国境近くで波が荒くサーフィンが盛んなエリアで

5月ぐらいからは賑やかになるそうで、朝海岸沿いをジョギング(誰も写真を取ってくれなかった)

一路スペイン、パンプローナへまさしく、当日レアル対バルサのスペイン国王杯で大盛り上がり!

スペイン北部でも水道橋跡がまだ残ってるんです。

車と電車の移動いつも目を奪われる光景、春の菜の花畑

またパリに戻ってブサンソンへ

さすがにコンテ地方、放牧の牛たちのお出迎え。

ふっ・・・と気づいたのですが牛舎がない。そのまま夜も外で寝るそうです。

乳搾りも遠かったら車を走らせて絞るのです。

オルナンという街、グルヌイユも有名で捕まるのは、2週間だけ多い時は一人2,000匹ほど一日で捕まるらしいです。

こちらに伺った社長、趣味がそのかえるハンター

その時のビデオを見せてもらいました。

金曜日、この日はイースター前の金曜日で『聖なる金曜日』という素晴らしい日に出会いました。

肉類は食する事を禁ず、でも日本からの客人という言い訳でみんな肉を食べてましたが・・・

パリの2つ星Akrameで食事

メニューの裏にシェフ、本日のコース料理のイメージデッサン

最近オシャレやなって思う2本フォーク(写真撮り忘れて食事の後でした)

もう一軒2ツ星グランヴェフールでは、ナポレオンが座ったという椅子を見れなかったのが残念でした。

今回のフランス研修では、イースターウィークでイースターという行事について間近で見て感じて勉強になりました。

日本のお盆みたいな感覚です。

パリには観光客の姿しか?見られず皆、田舎のおじいちゃんとおばあちゃんの家に家族で帰省する。

または、家族で旅行みたいな感じです。

イースターのメニューも頂てきました。

前菜は、ホワイトアスパラにエフモエ(半熟卵)のフリット、メインはもちろんラム

キリストは、羊飼い。信者を迷える仔羊とたとえてラムがよく使われるそうです。

子供は庭に隠した卵を探す遊びがあるそうで、よくカラフルな卵が売ってます。

うさぎが隠した卵を持って来てくれるので、うさぎも縁起がいいそうです。