新着情報

新着情報

イタリア大好き「2016年サルバトーレ通信」vol.45

お知らせ2016年7月26日

最近 流行ってる?ソークド・パスタに挑戦!



ソーク(soak=浸す soaked=浸した)

水に浸し、戻してから茹でるパスタの調理方法です。

テレビや雑誌の影響で、一般の方にもお馴染みですよね。

宴会やパーティ等、団体向けの調理の際、手間と時間をかけないで

一気に出せる調理法として今、個人的に注目してます。

例えば50人分を作るのに、5人分ずつ作ったとしても

1時間以上かかってしまうし麺が伸びてしまうのですが、

この方法ならボイル時間を短く出来る上に、

仕上げと盛り付けだけで済むと考えると

大規模な宴会でも作業時間10分から15分で

パスタ料理を完成させられると言うお話を聞き

私、サルバトーレも早速チャレンジ!



乾麺は、アルデンテがどれだけ持続するかが重要で

生パスタ(フレスカ)は、コシと風味が重要だと思います。


今回は、某有名シェフのおススメで

Barilla SOC no.3のスパゲティで教えてもらった通りに



まず、1ℓの水に7gの塩を入れスパゲティを2時間以上浸します。

浸して時間が経つと白くなるのがわかります。

雑菌の侵入・繁殖を防ぐためラップをかけて



沸騰したお湯(と3%程度の塩)に浸したパスタを入れ

1分弱茹でると、麺の色は白から黄色に戻ります。

目安としては黄色に戻ったらOK

あとは手早くソースと絡めるだけ



…恐る恐る食べましたが結構いけます。



実は、次の日も他の麺で同じの作って食べました。

以下、極めて個人的な感想になりますが…

一人前作るんやったら普通の調理の方が楽でした。

水を浸透させる時間を逆算して作るのに慣れていないので。


でも茹で加減を細かくチェックしづらい時もある

大型店さんや婚礼会場さん、ご家庭でパーティをされる際には

手間がかからないので、ホントおススメですよ!