新着情報

新着情報

イタリア大好き「2016年サルバトーレ通信」vol.44

お知らせ2016年6月3日

しばらく前、イタリア人の友達より

アブルッツォ料理のお店を紹介してもらいました。

お店はオープンして2年だそうですが、

開店する3年前から千葉で畑を耕して

アブルッツォから野菜の種を取り寄せて栽培し、

その野菜がようやくお店で出せるようになった

と言うお話を聞いて、

久しぶりに楽しいひと時を過ごせました。


私が行った時は残念ながらもう

そら豆の旬の時期は終わっており、

シーズン中は生の状態で

ペコリーノを乗せて提供している、と聞いて

次のシーズンは絶対に食べたい!と強く思いました。

今は、調理して瓶詰にして寝かせているので、

あと1か月くらいしたら食べられると言う事でした。

そのお店、生ハムやサラミ、コッパなど

みんな手作りしている不思議で素敵なお店です。


先日、自家栽培のカルチョフィが食べ頃だと言って、

知り合いの女の子がお土産で持って来てくれました。

見た感じ、ガク周辺の部分も柔らかそうだったので、

先端部分だけ切り落とし、パスタ料理にしてみました。

大きいものは1/4に、小さいのは半分にカットし

レモン汁で黒くなるのを抑えつつ、塩を振り

小麦粉をまぶし、にんにくオイルでユックリ火を入れます。

フリットぽくしたかったのですが…なりませんでした…

小麦粉が少なすぎたんでしょうね。コーティングしきれなかった。

ちょっと寂しいので黒のオリーブも入れて、色みを少しだけ華やかに


初夏に合うようレモンの果汁とピールで味付け


パスタと絡め、イタリアンパセリを載せて出来上がり!



仕上げにDisantiのエキストラヴァージン、いい感じです。


結局、カルチョフィのガクの部分は

硬すぎて食べられませんでした…

ガクの部分は、チュパチュパと吸って吐き出す、

ちょっとワイルドな食べ方で…

芯の部分だけですね!美味しいと思えるのは。

またいい勉強になりました。





編註:アブルッツォとは

イタリアの中部に位置する州で、州都はラクイラ。

ギターのような専用の器具で作られる

スパゲッティ・アッラ・キタッラは、

アブルッツォ料理の代表的なパスタです。


州の南側にあるアブルッツォ国立公園は

ヨーロッパで五指に入る世界的に有名な観光地です。